非モテでもコスプレイヤーとオフパコする方法!ネットナンパのプロはこう考える

ネットにUPされているレイヤーたちの画像を見てエッロいな~と思ったことがある人も多いと思います。

僕はアニオタってほどじゃないですが、暇があれば録りためた深夜アニメなんかをまとめて見たりしてます。そんなこともあって、レイヤーたちのHな画像には正直そそられることも(あまりに残念なモデルさんだと逆に萎えて”そっ閉じ”してしまいますがw)

それにしても、出回ってるような画像は特にですが、レイヤーのコスって相当露出度高くないですか?

そしてここからが本題ですが、彼女たちがエロい写真を撮らせているのにはもちろん理由があって、その理由のおかげで落としやすい、エッチしやすい相手でもあるんですよね。

アイドルみたいなレイヤーとエッチできる?

本当か?と思うかもしれません。

コスプレイヤー、特に名前や顔が知られていて有名なレイヤーさんはちょっとしたアイドルみたいな「遠い人」というイメージがあります。イベント会場などでカメコ(カメラ小僧)に囲まれているところを見ると、特別な人種という気がしてしまいます。

確かに、ごく一部の有名レイヤーはそれに近い状況ですね。
しかしそれ以外であれば、まとめサイトで写真が取り上げられることがあるような可愛い・美人のレイヤーさんとも結構簡単に繋がることができます。

レイヤーとエッチする方法は大きく分けて2つ

じゃあどうやってレイヤーさんをゲットするのかといいますと、2つの方向性があると思ってます。すなわち、

  • (1)撮影のお仕事をきっかけに繋がる
  • (2)個人的に仲良くなる

上で少し書きましたが、レイヤーさんたちはどうしてあんなエロい格好をしてムサいオタクたちに写真を撮られていると思いますか?

「そうすることで興奮する露出狂だからでは?」

と男は考えてしまいますが、そう単純なものでもありません。

彼女たちを突き動かしている欲求はズバリ「承認欲求」です。
自分が必要とされている、求められていると感じることで自分の居場所を実感できるんですよね。

実際、レイヤーさんって順風満帆なリア充女性じゃないことが多いです。出会い系で若い子を探しているとレイヤーさん、元レイヤーさんに当たることも多いですが、いじめを受けていたとか、家庭環境が悪い、なかにはレイプ被害にあったことがあるとか……ちょっと暗い過去のある子が多いんですよね。言い方はちょっと悪いですけどいわゆる「メンヘラ」に近いものがあると思います。

そういう居場所のない女の子たちが何かのきっかけでコスプレの世界に入ってみたら、超絶美人じゃなくてもカメラ小僧が群がってくるし、チヤホヤしてもらえる。

それで「認められている」と感じると、周囲の要求にもっと応えようとより過激なコスに挑戦するようになり、そうするとより熱狂的なファンも増えて……と、そういう流れがエスカレートしてエッチな衣装で撮影モデルをするようになる子がとっても多いみたいですね。

撮影のお仕事をきっかけに繋がる

そういう深層心理的なところはありつつ、それとは別に彼女たちを駆り立てているものもあります。
それは……お金。
と言ってしまうと元も子もないですが、レイヤーとして活動している子達の多くは「コスプレモデルとしてのモデル料」や「撮影会を開いてその参加費」「CG写真集の販売」などで生計を立てていたり、そこまで行かなくともお小遣い稼ぎをしています。

そして、僕の印象としてはお金が目的と言うよりは、「自分のコスプレでお金が稼げている」と言う事実が前出の承認欲求を満たすことに繋がっている、という印象です。(中には高いプロ意識で「モデル業」と割り切ってるレイヤーさんもいますけど、少数派ですね)

まあそこで、それを利用して彼女たちとエッチしてしまうというのが、ひとつの方法です。

ホームページやツイッターをやってるレイヤーさんだと、個人撮影のお仕事募集をしていることがあります。そこから、一対一の撮影の申し込みをするのが、一番の近道と言えるでしょう。脱衣OKのレイヤーさんだとよりスムーズですね。

で、ここでひとつレイヤー撮影会の専門用語を出しておきます。
それは「絡み(からみ)」というもの。

実はこれ「エッチ」のことで、本番行為の有無はケースバイケースですが、「『絡み』の撮影」というといわゆる「ハメ撮り」に近いような撮影になるんですね。

要するに「○○さん(レイヤー)と自分との『絡み』の撮影がしたい」という依頼をして受けてもらえれば、これはもうエッチの約束をしたようなものです。撮影場所をホテルなどに設定して、後は希望通りのコスに身を包んだ若い女の子と撮影をしながらエッチを楽しめばOK。

本格的な撮影機材がなくても、ここぞと言うところをちゃんと撮影しておけば後々までオカズとして楽しめますね!自分で撮ればモザイクもなし!好きな衣装でM字開脚してクロッチずらしとか、リクエストにも応えてくれるので本番抜きにしても一度経験してみる価値はありです。

しかしデメリットもあり

「撮影のお仕事」という名目で近づいてエッチする方法は一見シンプルでやり易そうですがデメリットもあります。

一番は何と言っても費用がかかること!
個人撮影となると撮影料数万円ということもありますし、「絡み」の場合はさらにアップすること必至です。
ただ、これは好きなレイヤーさんとのエッチのためならお金は惜しまない!というひとにはあまり関係ないかもしれません。

しかし障害はまだあって、そもそも初対面だと個人撮影や「絡み」の撮影に応じてもらえない、ということも多いです。
その場合は定期的に開催される「撮影会」に何度か参加したり、エロなし・着衣のみの個人撮影に参加し、信用を得てから、というステップが必要かもしれません。

個人的に仲良くなる

そういうデメリットへの対策として僕が実践しているのが、(2)として挙げた「個人的に仲良くなる」という方法です。

こちらは発想の転換で、「レイヤーにアプローチして仲良くなる」のではなくて「仲良くなれる女性たちの中からレイヤーを選ぶ、見つける」という考え方です。お仕事繋がりの方法は、女の子の側が「モデルと撮影者」……つまり「サービス提供者とお客さん」という認識からスタートしますので、正直、体の関係に発展するまでは時間がかかる可能性が高いんです。

ところが、個人的に仲良くなる方法を使えば最初から「男と女」として出会うことになりますから、承認欲求で常に飢えている彼女たちの心の隙間を我々の極太マグナムで埋めてあげることも難しくはないんですね。いやすみません極太は言い過ぎました。

マグナムはさておき、この手法で使うのは「出会い系サイト」です。
最近は出会い系アプリとか新興のサービスが結構ありますけど、できればユーザー数の多い、ガラケー時代から運営してるような老舗のサイトがいいですね。若い子を探すだけならペアーズとかそういうアプリ系でもいいんですが、今回はレイヤーさんを見つけたいので、母数の大きな大手サイトを使いましょう。

出会い系サイトにはレイヤー・元レイヤー・コスプレ好きが結構いる

実は出会い系サイトに登録している女性の中には、レイヤー、元レイヤー、コスプレ好きが結構います。僕がこの事を知ったのは出会い系をやり始めて結構経ってからでしたが、意識してみると確かに多い。これにも彼女たちの性質が関わっています。

ガラケー時代から生き残っている老舗の出会い系サイトには昔からのユーザーもついていて、若干年齢層が高めなんです。日々若い新規ユーザーが増えるのでその傾向は弱まりつつありますが、スマホアプリ世代をターゲットにしたサービスと比べるとやはりフレッシュさは劣ります。

そこへ若い女の子が登録すると、まあ~チヤホヤされますねw
写真も撮られ慣れててプロフィールの写真もクオリティ高く、撮影で派手なことやってる反動なのか、普段は流行に流されすぎないメイク、黒髪ロングなんかで非ヤリマンなイメージをかもし出しているので男たちの反応がすこぶる良いわけです。

レイヤーのような承認欲求の強い女の子は、そういう環境が居心地がいいと感じて、なじんで定着していくことが多いんですよね。みんながみんなじゃありませんが、そのままノリノリで男を食いまくったり、援助交際に近いようなことをしてる子もいるみたいですね。

さて、ではどうやったら彼女たちを食えるのか?ってことですが、これは結構簡単だったりします。

下の画像は、僕が普段よく使うPCMAXというサイトのスクショです。
だいたいどこのサイトにもある「プロフィール検索」のページですが、ピンク色にマーキングした箇所をみてください。

どんな目的でサイトに登録した女性を検索するか、という「利用目的選択」の項目ですが、ここに「写真・ビデオ撮影」という選択肢があります。自分が出会い系やマッチングサイトに登録する時のことを考えて欲しいんですけど、その時にこの「写真・ビデオ撮影」なんて項目をチェックに入れると思いますか?

そりゃ、仲良くなった彼女とかセフレとはエロい写真を撮ることもあるかもしれませんけど……それを最初から目的にすることは稀ですし、登録の目的としてはチェックを入れるのは抵抗がある人、あるいはこの選択肢を気にも留めない、という人がほとんどのはずです。これは女性も同じです。

でも!
コスプレイヤーとして撮影に慣れていたり、取られることに自信があったり、コスプレに興味があるという女性は、この選択肢を無視できません!撮影というワードにこだわりがあるし、自分のアイデンティティにも関わってきますから、かなり高い確率でチェックを入れてしまいます。

つまり、ここにチェックを入れてプロフィールを検索し、地域や条件の会う女性にアプローチしてみれば、結構な確率でコスプレ絡みの相手と繋がることができることになります。

「もしかしてコスプレしてた?写真見たことあるかも!」

こんな感じでひとことカマをかければ、自己顕示欲の高いレイヤーは「そうそう!」と乗ってくること間違いなしです。
もちろん、出会い系サイトに登録しているわけですから相手だって出会いを求めています。臆することなくメッセージを送り、連絡先を交換してオフパコに持ち込みましょう。王道ですけれども何往復かやり取りしたら直接会うことを提案し、会ったら食事か飲み→ホテルであとはエッチするだけ、ですね。

うまいことやればセフレとして何度もお相手してもらえるかもしれませんし、相手からの評価が微妙な場合でも、強気に押せばその日一度きりの即エッチならば強硬に断られることは珍しいです。「求められ、それに最大限応じてきた」という彼女たちの経歴が、そうさせるのかもしれませんね。

もし、出会い系の経験が浅くて誘い方などがわからないという人は僕の過去の記事も参考にしてみてください。少し経験を積めばガシガシエッチできるようになるのが今の出会い系サイトです。
憧れや妄想のままうじうじしていても何も変わりません。費用も月に数千円ていどで、昔の詐欺みたいなイメージからすると実は相当リーズナブルですし、出会い系サイトの特徴として年齢や容姿があまり問題にならないという点もあります。

レイヤーたちとエッチな撮影や、実際にのSEXを楽しんでみたいという方は、本気で出会い系を始めてみることを強くお勧めします。
幸運を祈ります!