出会い系でセフレを作るときに僕がしていること

出会い系サイト攻略

少し前に、二人のセフレさんとお別れしたよーという話を書きました。

その穴を埋めるためというわけでもないですが、セフレがいなくなって予定が空きましたので、出会い系サイトでは単発の出会いを求めて結構活発に活動していたケンジーです。

が、しかし!
最近ようやく、またしばらくお付き合いできそうな女性と知り合うことができました!
5歳年下のクリエイター系の女の子で、忙しそうなのであまり頻繁には会えないでしょうが、お互いの癒しになれれば素敵ですね~。

それはそうと読者の中にも「セフレを作りたい!」という人は多いと思います。
参考までに僕がセフレを作るときにしていることと、基本的な考え方、初心者へのアドバイスなどを書いてみたいと思います。

([編集後記]ごった煮記事になってしまいましたが、読み物として楽しんでいただければ幸いですw)

定石通り、セフレは出会い系サイトで作る

セフレを作りたいとき、僕は出会い系サイトを利用します。
意外性なさすぎですがやっぱり定番サイトが一番破壊力あります。
PCMAXハッピーメールワクワクメールがメインですね。最近はもっぱらPCMAX。

出会い系サイトに抵抗ある人も多いと思うんですけど、リアルの日常生活で周りにたくさん女の子がいて、その子たちを誘えば後腐れなく楽しくエッチできる……なんて人は、そうそういないはずです。
(いないですよね?いないと思いたいです。)

であれば、セフレを作ろうと思ったら合コンなり、ナンパなり、友達の紹介なり……セフレになってくれそうな女性と知り合う必要が出てきます。

そうは言っても、「彼女が欲しい」とかいうのならともかく「セフレが欲しい」ですからね。普通の出会い方で、うまい具合にセフレをゲットできる可能性は相当低いと思います。

それにはいろいろな理由がありますが、主に以下の二つです。

  • 女性にとって「セフレ」になるのは不名誉なこと
  • そこまで広い人脈は持ってない(数打たなきゃセフレは作れない

ひとつずつ見ていきます!

一般的な女性にとって、「セフレ」になることは不名誉である

おそらく、出会い系に興味があってセフレも作ってみたい、という男性のみなさんは、「セフレ」になる女性のことをこんな人だと考えているんではないでしょうか?

夫や彼氏に満足できない or パートナーを作る気がないから、大好きなエッチをセフレと楽しみたい!

そんな「超エッチな女性」なのではないかと。
はっきり言いますと、これも一つの正解です。

……が!
こういうセフレ女性は実は少数派です。

じゃあ大多数はどんなつもりで「セフレ」になっているのか?というと、ほとんどの場合……

相手の男のことが好きだけど自分が彼女(妻)になれる見込みはない。でも諦めきれない!

こんな感じで、自分が男にとって都合のいい「セフレ」になってしまうと自覚しながらも、体の関係を持ってしまい、その後も求められれば嬉しいから応じてしまう……というケースがほとんどなんですね。

なので一般的な大多数の女性からすると、どうしても「セフレ」=「本命に選ばれなかった負け組」という印象があるんです。

前述したようなエッチな女性ももちろんいます。
……いますが、彼女たちにも友達付き合いがあり、職場での人間関係があります。リアルの知り合いがいる場所で出会った男とセフレ関係になることはまずないと思って良いです。

なぜって自分が「セフレ」になるような女だと周囲の人間に知られてしまうことは、何かと競争意識の強い女子グループの中で「負け犬宣言」をするも同然なんですね。それはなんとしても避けたい!と思う女子がほとんどです。

その結果、性欲を持て余したエッチな女性たちはリアルの友人がいない出会い系サイトやマッチングアプリに集まるというわけです。現実には少数派だったエッチな女性が出会い系サイトでは多数派になっているのは、そういう構造があるからなんですね。

もちろん、セフレを作りたい男性としては、出会い系サイトの方を攻めていくべきというのは、明らかですよね!

みんなそこまで広い人脈は持ってない(が、数こなさないとセフレは作れない)

セフレを作るなら出会い系サイトが良い!とか言う前に、そもそもリアルの出会いをそんなにたくさん用意できる人がいるのか?という話もあります。ほとんどの場合、答えはNOだと思います。

リアルの友人・知人のつてを頼って合コンするにしても、例えば月に何十人もと知り合えるか? 僕は無理です。

冷たい態度で無下に断られながら何十人もの女の子に路上でめげずにナンパし続けられますか?僕は無理です!

そうです。
人との新しい繋がりを作るって、相当大変だし、時間もお金もメンタルもめちゃめちゃ消耗します。でもそれをやらないとセフレはなかなか作れません。普通に彼女を作るのだって難しいわけですし。

セフレとの出会いって、運の要素がかなり大きいです。
お互い満足のいくパートナーを……と考えると尚更です。

たくさん数をこなさないと、そしてできれば多くの人とエッチしてみて相性が良いこと(心身ともにです)を確かめてみないと、いつまでたっても希望通りのセフレは作れません。

前述したような、自分に惚れてくれた負け犬女子をセフレとしてキープするつもりなら別ですよ?でもそれってモテモテイケメンがやる戦略ですから、出会い系サイトでならともかくリアルでは、僕のような凡夫にはなかなか真似できません。黙ってたら惚れてくれる子なんて現れないですからね!涙

そういう意味でも、僕はセフレ作るなら出会い系、と断言してしまいます。

管理人おすすめ出会い系サイト3つ!!【厳選】
いらっしゃいませ。当サイト管理人のケンジーです。 僕は出会い系サイトのヘビーユーザーでありながら、運営側の人間としても出会い系サイトに...

セフレ候補をたくさん集めよう

さて、ちょっと御託が長くなりました。ここからは実作業を書いていきます!

セフレ探しの最初のステップは、何をおいても「セフレ候補をたくさん集めること」です。

僕の場合出会い系サイトを使いますから、ここでは出会い系に登録している女性ユーザーのプロフィールを見ながら、自分がセフレにしたい年齢層、住んでいる地域、会える時間帯、などなどを考慮して気になる女の子をピックアップし、メッセージを送っていきます。

※出会い系サイトのイメージが全く湧かない、という方は過去の記事も読んでみてください。

【初心者講座】出会い系サイトってどんなサイトなの?【PCMAX編】
どうもです。ケンジーです。 今回から「出会い系サイト初心者講座」として、出会い系サイトに興味のある方に向けた記事を書いていきたいと思います...

このときに気をつけたいのが、相手の女の子がちゃんと「セフレ可」という意思表示をしているかどうかをちゃんと確認することです。

真面目に彼氏を探していたり、パパ活や援助などお金目的の女子と一生懸命やりとりしたところで、彼女たちがセフレになってくれることはありませんのでポイントの無駄です。写真だけ見て「おっ、この子かわいいな。メッセージ送っとこ」なんてやってるとすぐにポイントがなくなって課金を迫られますから、初心者は特に注意ですね。

下の画像はPCMAXですが、たいていのサイトではプロフィール一覧ページを見れば「そのユーザーがどのような出会いを求めているか」がわかるようになっています。

「セフレをつくるぞ!」

という目的がはっきりしているのなら、ちゃんと目的に合ったお相手にメッセージを送るのがコスパ高いです。

まあ、面倒くさいから、という理由でちゃんとプロフ設定してない女子も結構いて、その中にはセフレオッケーという子もそれなりに存在してます。気が合いそう、写真も可愛い!となれば、コスパ無視で特攻かけてみるのもギャンブルとしてはアリです。ライバルも少ないでしょうから。

……が、そこまで面倒くさがりな女子をセフレにすると……まともな人はストレスたまりますよね……(経験談)。ま、そこは自己責任ということで……。

ガシガシとメッセージを送っていく!

気になる女の子がピックアップできたら、サイトのポイントを使ってメッセージを送っていきます。返事をもらえた子が本格的にセフレ候補になるわけなので、この段階でできるだけ多くの相手と繋がっておきたいですが、ポイント(資金)状況によって臨機応変にですね。少数だけ選んで狙い撃ち!というネットナンパ師さんもいますし、そこは人それぞれかと。

ちなみに、PCMAXですと「使い放題チケット」というのがありまして、大量のメッセージを送って絨毯爆撃したい人は、これを使うとかなりお得に大量の返事をもらうことができます。これも 過去に記事を書いてますので参考にしてください。

PCMAXの「使い放題チケット」はお得すぎるので是非活用したいですね【出会い系サイト初心者講座】
ポイント制の出会い系サイトは、どうしても利用料金が気になりますよね。 できるだけポイントを消費せずに連絡先をゲットしたいところですが、ポイ...

で、ここで一つテクニックというか必須の技術を紹介します。

注意して欲しいのですが、PCMAXの場合、プロフィールページは開くたびにポイントが引かれてしまうんです。ですので、一度開いた個別のプロフィールページは(メッセージ送る可能性が少しでもあるなら)閉じずに残しておく、というのが基本です。スマホからの操作でこれをやるとかえってややこしいことになってしまうかもしれませんが、PC版を利用する場合は必須です。

そんなもんわかってるよ!という人もいるでしょうが、初心者のために少し詳しく書きます。
サイトを開いてるブラウザ上でリンクをクリックするとリンク先にページ移動しますけれども、これを shift キーを押しながらクリックすると、なんと! リンク先のページが別ウィンドウで表示されるんです。windowsでもMacでもいっしょですね!

なので、僕は下の画像のようにしています。

汚いデスクトップで恐縮です。
こんな感じで、

  • 左側にプロフ一覧の画面を開き
  • shift + クリック でめぼしい女子のプロフ画面を立ち上げ、
  • 採用ならウィンドウを小さくして右側に残し、サヨナラなら消してしまう

これで、無駄なポイントを消費せずにセフレ候補のプロフィールを何度も見返すことができます。
ここで送るメッセージに返事をくれた女の子が実質的なセフレ候補になりますから、どういうファーストメッセージを送るかは重要です。そのためにも、相手のプロフィールをじっくり読んで、「フック」を探しましょう。

フックをみつけてメッセージを送ろう!

ファーストメッセージは重要!というのは上に書きました。

でも、じゃあどんなメッセージを送れば良いのか?というと、これはなかなか難しい問題です。
文章は人それぞれこだわりがあるし、他人が成功した文面をパクってもそれでうまくいくとも限らないし……初心者が特に悩みやすいポイントですね。

ベテランやトップクラスのネットナンパ師の手法は完全に二極化されていて、ほとんど同じ文面をとにかく大量にドバーッと送りつける無差別型と、相手によってしっかり内容を変え、自分のキャラ作りもして高確率で返事をもらうオーダーメイド型に大別できると思います。

僕のやり方はどちらかというと「オーダーメイド型」ということになると思います。
長年の経験と勘で「この子に対してはこんな感じでいこう」と自分のノリを決め、あとは「フック」をみつけて相手のニーズを読み、高確率で返信を狙うスタイル。

でも、多分それは結構高度な「読み」を瞬時にやっているんだと思うので、初心者の方がコピーするのは難しいと思います(経験を積めば自然とできるようになるんですけどね!)。

なので、ここでは「初心者でもこれだけ覚えておけば有利になる」という考え方を書いておきたいと思います。それが、ここまで何度か出てきている「フック」という考え方。

フックというのは、そのまんま「引っ掛けるところ」「とっかかり」というような意味です。
女の子のプロフィールをよく観察して、相手と自分をつなぐ共通点、「フック」「とっかかり」をみつける。そして共通点を強調したメッセージを送って関心を持ってもらう、ということですね。これを意識的にやるのとやらないのでは、成功率が圧倒的に違ってきます。

これは別の記事で詳しく書こうと思いますが、人間って、自分と似ている人・共通点のある人に対してはほとんど無意識に好意を抱いてしまう生き物なんですね。例えば、セールスマンが客の故郷を尋ね、「そうなんですか! うちの妻もそこの生まれなんですよー!」なんていうのは、自分に好意を抱かせて商談を有利に進めるためなんです。

おそらく、これを読んでも「その程度の共通点では好意や商談に影響なんてないんじゃないの?」と感じる方が多いんじゃないかと思います。
ところがどっこい、心理学な実験で、これが効果的であると証明されているんです。
自分では意識していなくても、小さな共通点があると相手に好感を抱き、その意見に従ってしまう確率が高くなるとされています。

ですから、相手と自分の共通点を見つけ、それをフックにしてメッセージを送るというのは、単に会話を繋ぎやすくするとか、親近感を持ってもらうという以上の大きな意味があるんですね。無理やり相手の好意を引き出す秘策なんです。

フックが見つからない時は

「フックがない時はどうすれば良いんだ?」という疑問はもっともです。女の子がいつも詳しくプロフィールを書いてくれているわけじゃないし、例えば好きなバンドについて書いてくれていたとしても、自分はそれに全く興味がなかったり……。そうなると困ってしまいますよね。

でも安心してください。対策があります。
フックにする「小さな共通点」はどんなに小さなものでも、ありふれたものでも良いんですよ。

だから最悪「日本人である」とかでもいいし、何よりも同じサイトに登録しているわけですから、その話題でもいい。
「僕もこのサイト結構使ってるんですけど○○さんも長いんですか?」
とか、
「消費税上がりましたけどヤバくないですか?」
「北朝鮮のミサイル怖いですよね」

みたいに、自ずと「自分たちは同じ側にいる」と意識してしまうような話題を忍ばせておくだけで、かなり効果的です!
本当かよ?と思うでしょうが、ぜひ試してみてください。

まあもちろん、ここまで大きな話題だと他の男性ユーザーとかぶって埋もれてしまう可能性もあるので、できればその子特有の話題を盛り込めたほうが良いんですけどね。

アポを取ろう

さて、ここまで書いてきた方法で、普通にやってれば複数の女子から返事をもらえると思います。それぞれそっけないメールでも、そのメッセージを書いた女性たちが自分のセフレになるかもしれないと思うと、ちょっと興奮してしまいますね!(え、しない? そうですか……)

実は、彼女を作ろうと思ったり、「暇だから遊びたい」みたいな女子をエッチに持ち込もうと思うと、ここからアポを取って遊んでホテルに連れ込むのに結構コツが要りますので大変なんです。

でも、今回は「セフレ作り」が目的。
一番最初に、「セフレ可」の女の子を厳選しましたよね!
ですから、ここからアポを取るのはそう難しくありません。相手も、温度感はそれぞれながら「いっしょにエッチを楽しめる男性と知り合いたい」と思っているわけですからね。

ボロを出さなければOK

どんなやりとりをすれば実際にオフで会うアポを取れるのか。
初心者はそれも分からないと思いますが、基本的にはテキトーでOKです。……というと語弊がありますが、返信を返してくれた段階で、相手はあなたとの「フック」を感じて多少なりとも好意を感じてくれているはずです。ですから、あとは「あれ、なんか思ってたのと違う」と思われないように、無難な会話を何往復かすればアポを断られることもないでしょう。

ちなみに、ポイントがもったいないと思ったらラインやメールに誘導しても良いんですけど、あまり急ぎすぎるのは問題です。ケチだと思われるだけじゃありません

また心理学的な話になっちゃいますが、人間は踏み込めば踏み込むほど、逃げられなくなる生き物です。
どういうことか?
簡単に言うと、自分が選んだもの、関与したものに対しては、どうしてもひいき目で見てしまう、ということ。

「俺が使ってるギターはすごく音が良い!」
「携帯のキャリアはドコモが最強!」
「私は猫派〜! やっぱり犬より猫!」

こういう感情って、自分の意思で、冷静に考えて結論を出しているように自分では考えています。でも、実は自分が一度選んでしまった故に意見を変えることに抵抗を感じて、無意識のうちに無理やり自分の意見を正当化していることがほとんどなんですよね。

あっちのギターのほうがいいかも……
格安SIMにしたほうが安いんじゃ……
飼ってみれば犬もかわいいかも……

なんて、薄々感じていたとしても、なんとなく負けた気がして言えないわけです。それも、他人に対して言えないだけでなく、自分に対してもそういうごまかしをしてしまう。

その応用で相手の女子も、たくさんいる男性ユーザーの中からあなたを選び、やりとりを重ねていくうちに、「私はこの人を選んだんだ」という意識が強くなっていくんですね。

そうなると、「本当にこの人のセフレになっていいのかな?」という疑問を持つこと自体、しにくくなっていきます。自分の選択ミスを認めなければならないからです。しかもこれが無意識のうちに起こるので、ほとんどの女性は気が付きません。

サイトである程度やりとりをして、LINEなどに場所を変えて更に会話し、実際に会う約束までするとなると、女性はかなり「踏み込んで」しまっていますので、あなたに対する多少の悪感情や疑念は、自分の自尊心を守るために自分で勝手に打ち消してくれます。
ところが、サイト上の会話で「十分に踏み込ませないまま」LINEなどに誘導してしまうと女性側の「自分で選んだ」感が薄れてしまうんです。

多くのネトナン講座などで「すぐに連絡先を聞くのはNG」と言われているのは、「ガツガツしてると思われる」とかいうよりも、実際にはこういう理由があります。もしかすると、意識せずに感覚でわかっているベテランのほうが多いかもしれませんけどね。皆さんはこの原理をここで知ることができましたので、今後意識的に使っていけると思います。

どうやってアポを取る?

もっと具体的にやりとりの内容を知りたいという人も多いかもしれないですが、これまでの経験上、あまり意味がないと思うので今回は割愛します。
割愛しても問題ないくらい、セフレ前提のアポ取りは気軽に臨んでOKだということでもあります。

(「好かれる会話」については別の記事でも紹介するのでお待ち下さい。)

まあ、相手も会おうとしているわけですから、ここで小細工を弄しても無意味。
無難な話題がひと段落したところでストレートに「ぜひ一度会ってみたいんですが、都合の良い日時ありますか?」とでも切り出せば、具体的な調整に話は移っていくでしょう。

実際に女の子と会ったらチェックしておくべきこと

なんども言いますが、今回の目的は「セフレを作ること」。
一発ヤッておしまいではありません!

ですので、お相手と実際に会ったら、セフレとしてお付き合いしていける相手かどうかチェックしておく必要があります。

またそれだけでなく、今後の関係性を自分に有利に維持していくための駆け引きが、初対面の段階からすでに始まっていると考えてください。

一緒にいるのが苦痛な相手とは、どのみち長続きしません

男性は特に「セフレ=体だけの関係」と思ってしまいがちですが、そうは言っても人間と人間が同じ時間を過ごそうというわけですから、出会って2分で合体……あー気持ちよかった、バイバ〜イ!……というわけにはいきません。

楽しく気持ちのいいエッチをするにも相手との関係性は重要ですよね。
「こいつ、ムカつくけどすげえオッパイしてるんだよな……」
なんて思いながらエッチしても、心の底からの満足感は得られないものです。

僕の長年の経験からアドバイスさせてもらうなら、最初の30分で気まずさや不快さが消えなければ、その相手と長くお付き合いするのは難しいってことです。

オフでセフレ候補と会ったら、食事やお酒でも楽しみながら雑談し、良きところで「それじゃあ……」となってホテルに行くか、車だったらドライブしながら談笑しつつホテルへ……って感じになることが多いと思います。

それだけの時間があれば、「ノリが合わないな〜」とか「住む世界が違うかも……」みたいな感触はだいたい掴めると思います。あるいは、「ルックス的にどうしても無理!」という場合もあるでしょう。そうなった場合、可能ならばその日のエッチも諦めて、いい経験をさせてもらったと思ってお別れすることをお勧めします。

セフレはある意味、無用な責任を感じずに自由にセックスを楽しめる関係性。
でもだからこそ、お互いの信頼関係は大事です。お互い尊重しあえるという認識があるがゆえに、開けっぴろげにエッチを楽しめるわけです。

相手に対する小さな不快感や「根本的には合わないんだよな」みたいな感情は、どうしても信頼感を損ないます。
言い方は悪いですが、セフレになってくれる女の子の代わりはいくらでもいるのが出会い系サイトです。そのためにたくさんメッセージを送ってたくさん返事をもらっておいたわけですからね。
ですから、へんな執着はせずに「合わないな」と思ったら即放流、で良いと思います。

ただ初心者のうちはもったいないと感じるかもしれません。
その場合は、いい練習にもなりますので一回きりのエッチに持ち込めるよう頑張ってみると良いと思います。こちらがビミョーなだなぁと感じてるということは、おそらく相手も何らかの違和感を感じているはず。それを強引にエッチまで持ち込めたら、結構な経験値が詰めると思いますよ。

お酒や食事を奢るのは定番だが、それをSEXの対価にしてはいけない

date

ところで、僕は初対面の時の行動について、ちょっとした持論があります。
何年もの期間、いろいろな年代の女性に相手に実践して効果を実感しているので、ここでも軽く触れておきたいと思います。
(詳しく書きたいのですが、それはまた別の記事にでも!)

東京エリアで活動してるせいもあると思いますが、僕は出会い系で女の子と会うと、大抵は食事やお酒を奢って、その流れでホテルにいくことが多いです。

これはセフレ探しの時でも即エッチ狙いの時でも同じなんですけど、実は意味合いは同じではありません

セフレ前提の時は、「自分に対して好意を持ってもらう、自分に有利な関係を維持する」という目的。その日一発ヤれれば良いと思っているなら「恩を売ってエッチを断りにくくさせるため」という目的が、それぞれあります。

奢るのは一緒なんですけど、セフレ相手の時に「奢ったでしょ、だからエッチしよう」みたいな恩の着せ方は絶対にしません。そこまで露骨でなくても、自分の中にそういう気持ちがあると態度や言葉の端々に現れてしまいます。それが結果的に自分の印象を悪くし、最終的には主導権を握りにくくなります。

具体的にどうするかというと、口先で印象操作をするだけですので簡単といえば簡単です。
まずは相手の女性の気持ちを考えてみましょう。

出会い系で男と会う女の子というのは、程度の差はあれ向こうもエッチする気があります。

そこで、こっちが気前よくおごってあげる。

そうすると、相手は無意識に「借りができた」と感じますし、「奢ってもらえて得した」という気持ちにもなります。

それによって「エッチしてもいいかな」と思ってくれる確率が高くなり、こっちが強く誘ったら断りにくい雰囲気にも持っていけます。

即エッチ・ワンナイトラブが目的の場合はこれだけでもOK。でも、中・長期のセフレを目指すならここでひとつ策を弄します。

「奢ったのは、エッチさせてもらうためじゃないよ」
と伝えるんです。
ただ、直接そういったら露骨過ぎて逆効果かもしれませんね。なので例えば下のように進めます。

相手が相当な礼儀知らずでなければ、奢ったら食事のあとに感謝の言葉をもらうことになると思います。

「ごちそうさまでした、ありがとうございました」

とか。
そこで「いえいえ。それよりこの後どうしようか?」だとモロにゴリ押し即エッチパターンですので、下のような魔法のワードを使います。

「こちらこそ付き合ってくれた楽しかったです。美味しい店探すの好きなんですよ。次は○○さんの好きな店紹介してください。それが今夜のお返しってことでw」

まだるっこしいと感じましたか?もちろん、細かい部分はこの通りである必要はありません。
ちょっと解説しますね。
「次は○○さんの好きな店紹介してください。」
で、奢ったことに対する対価を要求することで、暗に「SEXの対価として奢ったわけじゃないぞ」と伝えています。そして、
「今度はそっちのおごりで……いや、それは冗談ですけどw」
冗談めかしていますが、このセクションでダメ押してます。「それが今夜のお返しってことで」と伝えています。

それじゃ逆効果じゃないの?と思いますよね。
でもそんなことないんです。
こうしておいてエッチに持ち込めた場合、相手は「何かの対価としてじゃなく、自分の意思で、自分で決めてこの人とエッチした、セフレになった」と感じるわけです。そうなったら、コレは復習になりますが、相手はさらに大きく「踏み込んだ」ことになります。
自分で選んだ相手ですから、多少の不満があってもしっかりと「いいセフレ」を演じてくれるようになるんですね。

でもエッチに持ち込めなくなるんじゃ?と心配ですか?
大丈夫です。
人間の「心」って結構鈍くて、一度感じた印象をすぐには捨てられないんです。

奢ってもらった段階で女性が無意識に感じた「借りができた」という印象とか、「得した」という気持ち。これを「魔法のワード」で一旦上書きし、「自分で選んだことなんだ」と思ってもらえるように誘導するといいました。
でも人の心は不思議なもので、いくら上書きしても最初に感じた印象が残ります

つまり女性は、「奢りに対するお返しとしてエッチするわけではない」と認識しながらも、「借りができた」「得させてもらった」という最初の感情を持ち続けるわけです。これによって、女性が体を許してくれる確率は(あまり)落とさずに、「自分で決めた」という気持ちになってもらうことが可能なんです。

ナンパ経験もあまりない、出会い系も初心者、という方は、これを読んでもピンとこないかもしれませんし、大したテクニックではないと思うかもしれません。
……が!
熟練してくればしてくるほど、こういう細かな心理学的アプローチを無意識のうちにできるようになるんですよ。それが「ナンパが上手くなる」「女を食えるようになる」ってことの正体なんです。
でもそういう「経験値」の類をこうやって言葉にして、知識として覚えておくと、熟練者並みに出会い系でセフレを作ったり、ネットナンパを成功させたりできるようになるまでの期間を圧倒的に短縮できると思いますので、参考にしてみてくださいね。

いざ、体の相性を確かめる!

女の子

セフレっていうのはセックスをするフレンズですから、やはり「体の相性」は大事です。
……でも、皆さん具体的に「体の相性」ってどういうことだと思ってますか?

チン○の反り具合が……長さが……おまんまんの締め付け具合が……ってのが、すぐに思い浮かぶかもしれません。

でもその辺の「純粋に身体的な相性」って、実際のエッチではそれほど大きな問題にならないことがほとんどなんですよ。
いえ、もちろん重度のフェチ嗜好をお持ちの方もいるのでそれはそれですけどね。

でもエッチで経験豊富な女性に聞いても、「確かにアレが長いほうが好きだけど、イクときは興奮してて長さとか結局あんまり気にしてないかも」とか「筋肉質な人が好きだけど、エッチが始まったらあんまり違いは感じない気がする……力がないとできない体位はあるけどね!」みたいに言う人が多かったです。

男性からしても、好みの体型の女性とのエッチは確かに燃えますが、惚れた女性を努力の末振り向かせ、なんとか落として初めて体を開いてもらえた時のエッチほど興奮するものはないと思いませんか?
異論もありましょうが一般的にはそうなんですよね。

だから結局、「体の相性」と呼ばれているのは「エッチの相性」のことだと思うんです。

プレイの内容だったり、体位、濃厚さ、回数、頻度、細かいことを言うとシャワーの順番、プレイ時の部屋の明るさ、香水の強さ、ピロートークの長さ……などなど……

我々はそういう積み重ねで「相性が良い」「悪い」と判断しているわけですね。

セフレになってくれる女性を探すわけですから、その辺の相性が良い女性を選びたいというのは当然のこと。
でも、初心者の方はいざ女性と会ってホテルに行くと興奮してしまったり緊張してしまったりで、とにかく腰を振って射精することで精一杯になってしまうことも多いと思います。

熟練者になると一度、二度体を合わせれば「合う」「合わない」が判断できるものですが、それはなぜかといえば、チェックポイントがわかっているから。言い換えれば、自分がしたいエッチ、プレイが自分でちゃんとわかっているからです。

上にも書きましたが、

  • 思い入れのある体位
  • 前戯の長さ
  • 一晩何回戦くらいできるか、したいか

などなど、エッチにまつわる自分の好みを、一度じっくり考えて、紙にでも書き出してみると良いと思います。アホらしい!と思うかもしれませんが、自分の好みを把握しておくことは大事ですよ。

例えば、あなたがバックの体勢で挿入するのが好きだとします。
そのあなたがセフレ候補との初エッチのプレイ中、バックの体位をやんわり断られてしまった。
(まあ雰囲気を壊してもなぁ……)とそのまま流してしまって、次回も断られ、三回目も……となり、不満が募ります。我慢できなくなって「なんでいつもバックさせてくれないの!?」と聞いてみたら、彼女はバックで入れられる感覚が好きじゃなく、できればやりたくないとのこと。それなら最初に言ってくれよ!と……

自分の好みについてぼんやりしていると、こんなことにもなりかねません。というか、こんな経験をするセフレ初心者は多いと思います。
「自分はバックが好き、セフレともバックでのエッチを楽しみたい」としっかり認識していれば、最初にやんわり断られたときにほんの少し冷静になって「バックは苦手?」と確認することができます。そこで「うん、好きじゃないからゴメン……」と言われるようなことがあれば、長期のセフレとしては不適合だ、ということが1回目のエッチでわかります。

確かに相手に合わせて演技したり、やりたいことを我慢するのもある程度は仕方がありません。それが相手への思いやりでもあります。
しかしそれが毎週、毎月と積み重なっていくとストレスになり、相手への態度にもそれが現れてきて、結局は関係性が崩れていくことになります。

出会い系サイトなら少し手間暇をかければ次々とセフレOKの女性と知り合えるわけですから、まずはあらかじめ自分の好みをしっかり把握しておいて、セフレ候補の女性とエッチすることがあればその自分の好みと合致するか、譲れない部分がバッティングしないかを見極め、セフレとしてやっていくかどうかの判断をすることです。

面倒臭がらずにそれをくりかえしていけば、お互いに満足のいくセフレとめぐり合うことができると思いますよ!

この記事のまとめ

好き放題書いていたらずいぶん長い記事になってしまいましたが、僕のセフレ探しの手順を大雑把に全部まとめてみました。

  • 1、セフレは出会い系サイトで作る ……ありきたりですが、一番効率が良いのです
  • 2、セフレ候補をたくさん集めよう……メッセージ大量送信時のテクも少し書きました。
  • 3、アポを取ろう……難しく考えなくてOK!
  • 4、実際に女の子と会ったら……合わないと思ったら即放流!
  • 5、いざ、体の相性を確かめる!……自分の好みを知っておくことが大事です

2で連絡先を交換した相手が尽きるまで3〜5を繰り返したら、大抵は好みのお相手とマッチングできると思います。慣れないうちは大変に感じるかもしれませんが、出会い系ヘビーユーザーはこんな感じでセフレを作ってるんだという選考になれば幸いです。

興味ある方はまず踏み込んでみることです。
セフレや出会い系での即エッチなんて遠い世界の話……なんて思っていても、いざやってみると思ったより簡単にできてしまうものです。
とにかく経験がものを言う出会い系サイトですが、先人の知恵を取り入れながら自分なりに挑戦し、失敗を経験値に変えていくことで、急速にヤリチンへと変貌を遂げている男性をぼくはたくさん知っています(それが良いか悪いかは別として……w)。

他の記事でも色々と書いていますので、出会い系を始める気になったときには目を通していただけると嬉しいです。
それでは!