デートの行き先なんて見当もつかない、どこに行けばいいんだ……? という人へ【出会い系サイト初心者講座】

date

どうもです! ケンジーです!
出会い系サイトに興味はあるけれどもなんとなく踏み出せない、という方の中には、

仮にサイトで本当に女の子と出会えたとして、実際に会ったら何をしていいかわからない。
デートするにしてもどこに行けばいいかわからない。映画か?(思考停止)

という方も結構多いのではないでしょうか。
確かに、恋愛経験をほとんど積んでこなかった方からすると、この問題は大きいですよね〜。かといって、

「どこか行きたいところあります?」

とかこちらから聞いてばかりでは

「この男、主体性ないな……」

とか思われそうで怖いですしね。

でもご安心ください!
出会い系サイトなんて、普段の生活で出会いのない男女のためのものなんですから、別に肩肘張ってリア充ぶったデートを目指す必要なんて全然ないです。

僕は出会い系サイトでほぼ毎週新しい女の子とデートしている遊び人ですが、デートの行き先なんていうのは大した問題ではありません
この記事では、「真面目なお付き合いを目指す場合」と「セフレやワンナイトラブ前提の場合」に分けて、実際に僕が利用しているデートコースの一例を紹介してみたいと思いますので初心者の方は参考にしてみてください!

オススメのデート場所紹介

まず最初に断っておきますが僕は現在東京に住んでいますので、その感覚で書いていることをご了承ください。
ただ僕の故郷は福島で、東京の大学を出て社会人になってからも一時期そっちに住んでいましたので、地方密着型のデートガイド的なのも、別の機会に書ければ書いてみたいと思いますが……。

ああでも、暗い話になっちゃいますが当時の僕の鉄板デートコースはけっこう津波でやられましたね、海沿いでしたので。市役所の前まで海水が来て……。ってそんな話はいらんですね!

「真面目なお付き合いを目指す場合」

さて、まずは「真面目なお付き合いを目指す場合」の話をします。
これは、相手も遊びじゃなくて恋愛目的でサイトに登録している場合で、好感を持ってもらって次に繋げたい、というような場合ですね。

こういう場合、特に初デートでは気をつけるべきことがたくさんあるんですけど、相手あってのものですので「完璧なデート」なんてものはそうそう存在しません。ですので、最高のデートをプロヂュースする!。なんて意気込む必要は皆無。

デートに不慣れならばあれもこれもと考えなければならない状況は失敗の元ですから、できるだけシンプルに考えた方がいいです。

すなわち、デート後に「なんかつまらなかったな〜」「盛り上がらなかったな、相性悪いのかな?」と思われないようにする、ということだけをとりあえず考えてデートの行き先を選んでみましょう!

  • 食事
  • 動物園や水族館
  • 映画館
  • 趣味の買い物

僕が特にオススメするのはこの4つ。
ポイントは「経験の共有」です。

まず1つ目は、「食事に誘う」というものです。
これはまず、誘いやすいというのがひとつです。美味しいものを食べたくない人なんていませんし、

「オススメの店があるから連れて行きたい!」
「美味しそうなレストランがあるんだけど、一人では行きにくいから一緒に行こう!」

など、ごくごく自然な流れで誘うことができます

また、行った店が美味しければ「美味しかったね〜! 次はこういう店もあるから行ってみない?」とか盛り上がれますし、不味かったらちょっとテンション下がりますが「なにあれ! 有名なくせにあんな味なの?」とある意味盛り上がれます。

食べてる間は料理の話ができますし、お店の内装、外装、評判など、会話に詰まった時のネタも多数です。
そして食べ終わった後は感想を言い合って「経験の共有」を再確認できるわけですから、基本的な洗濯肢はありますが食事に誘うというのはベストチョイスだと思ってます。

ですが注意点もあります。

「ここは刺身がうまいんだよ! 絶対気にいるから行こう!」

と誘ったものの相手が生もの食べられないとかになると、これは大変テンション下がります。
相手が好きなものや食べられないものはなんなのか、事前のリサーチはぜひしておきましょう。

そして2つめが、動物園や水族館です。
これもやはり、食事に誘うのと一緒で共通のものを見て感想を言い合ったりできることから、デート自体が印象的な「経験の共有」となり、いいイメージを持ってもらいやすいんですね。
特別動物好きじゃなくても動物の赤ちゃんや小動物、チンアナゴなどは大抵の女子の大好物ですから、楽しんでもらえるはずです!

ちょっと注意しなければならないのは、動物園は結構ニオイがあるということですね。生きた動物がいるわけですから分尿や餌の臭いがやはりあります。それが我慢できないくらい嫌いだという人も中にはいます。誘っても断られる場合はこういうケースもありますので、あまり強く押しすぎると印象悪いかもしれませんね。

それから、結構歩くケースもありますので体力がない人は要注意ですね。ぐったりしていると悪印象ですし、逆に女の子が疲れてしまってデートが上の空、ということもありますから、その辺は気を使わなければなりません。

ちなみに、動物園や水族館とちょっと似ているデートコースとして、遊園地というのもよくありますが、これはあまりオススメしません。
理由は待ち時間の行列で会話が途切れるからです。
ディズニーランドやUSJみたいな超大型遊園地じゃなくても、休みの日は結構待ち時間があるものです。こういうところは、すでに付き合っていて沈黙が気まずくないような相手と遊びに行って思う存分満喫すべきですね。

3つめは映画館です。
映画館もデートの定番中の定番ですが、やっぱりいいですよ。相手がサブカル系とかオタクとか芸術好きでなければ、流行りの映画でいいと思います。
映画館のいいところは、上映中は会話しなくていいので沈黙が気にならない、同じ作品を見ることで「経験の共有」ができる、鑑賞後は感想を言い合ったりして盛り上がれる、また疲れないので体力のない人にもオススメです。

ただし、会話が少なくていいというのは、逆に言えば交換する情報量が少なくなりがち、ということでもあります。初対面なのに映画デートで終わってしまうと、映画の感想はたくさん話したけどお互いのことは何もわからなかった、ということにもなりかねません。
映画の後はぜひ食事に誘ってゆっくりと話す時間も儲けたいものです。

そして最後は「趣味の買い物」です。
本好きなら古本屋巡り、楽器が趣味なら楽器屋、山登りが趣味ならアウトドア用品店でも構いません。

「自分の趣味に付き合わせたら相手は退屈するのでは?」

と、意外に感じる人もいるかもしれません。
が、出会い系サイトで知り合って直接会ってくれたということは、相手はあなたに興味を持ってくれたということです。あなたがどんなものが好きなのか、それについてどんな風に話すのか……それを実際に目にすることで、相手はあなたのことをよく知ったつもりになってくれます

人間というのは勝手なもので、よく知っているものに対しては勝手に愛着を持ってしまうものなんですよ。これを心理学用語で……なんて言うのかは知りませんがw、長年出会い系やってる僕の実感ですので間違いなかと。

それだけじゃなく、口下手な人でも自分の好きなこと、趣味についてだったらかなり滑らかに喋れることがほとんどです。相手の女の子としても、あなたが沈黙を避けようと焦って

「い、いい天気ですね〜」

とか白々しいことを言うのを聞くよりも、生き生きと趣味の話をしているのに付き合う方が何倍も楽しいわけです。
沈黙やマニュアル通りの会話より、相手に自分を知ってもらえるリアルな会話。これがポイントです。

ただ、趣味の買い物にもデメリットはあって、常に気をつけておかないとやはり自分と相手のテンションにズレが生じてしまいがちだと言うことです。あなたは自分の趣味なのでいつものノリで長距離歩いたりハイテンションで語ったりしていても、相手がついてこれずに疲れていたり、逆に距離を感じてしまうリスクもあるということですね。

ですので、趣味の買い物とは言ってもあなたが楽しむのではなく、自分の好きなものを軽く紹介しながらもちゃんと相手をエスコートして楽しませる、という気持ちは持っていたいですね。

また、会う前の段階でお互いの趣味があまりに違っていそうな場合はこの方法はあまり良策ではないかもしれません。

hoterugai

セフレやワンナイトラブ前提の場合

さて次は「セフレやワンナイトラブ前提の場合」です。
上に書いた方法は、まだ警戒心のあるかもしれない相手とじっくり距離を縮めることを目的としたラインナップでした。

が、出会い系で即エッチを目的に相手と会う場合、相手も同じような目的のことも多いです。
その場合は「じっくり」などと言わず、一気に距離を詰めてその日のうちにセックスまで持ち込みたいですし、相手もそのつもりであることが多いはずです。

この場合の考え方は、

  • 特別感
  • 口実を与える

これが基本です。

特別感というのは、今日のデートはなんかいつもと違う、他では体験できない、と思ってもらうことです。
冷静な状態だと

「初対面の男の人とセックスまでするのはちょっと……」
「もう少し時間をかけて……」

と考えてしまうような女性でも、そのデートに特別感があれば「今日は特別!」理性からOKがでるものです。
ダイエット中でも有名店のプリンをお土産でもらったら「今日は特別!」といって食べちゃうのと同じですね!

そして、このブログで僕が繰り返し書いているテクニック、「口実を作ってあげる」ということ。

遊び目的で会うのでしたら、相手だって場合によってはホテルまで行くつもりがあるわけです。
でも、ほとんどの女性は「軽い女と思われたくない」「自分はエッチな女ではない」と思っていますから、簡単には誘いに乗ってこない。仮にお互いムラムラしていてこれから会ってエッチしたい!と思っていても、

「セックスしたいから会ってホテル行かない?」

なんて誘ったら多くの場合はうまくいきません。そこはちょっとひねったり強く出たりして、相手が「これなら断らなくても仕方ない」という「口実」を提供することが必要なんですよね。

これを踏まえて、ベストなデート場所ランキングは……

  • 食事

はいすいません、自分の場合はこれの一点突破ですw

いや、そりゃ食事といってもその辺のファミレスとかの単なる栄養素と満腹感だけを提供してる店だと印象悪いですよ。
そうじゃなくて、都市部だったら女の子のいったことのないオススメの店に連れていったり、眺めのいい店、内装が素敵な店、余裕があるならばちょっと良いレストランなども良いですね。

「とっておきの店を紹介したい」

といってエスコートすれば、別に高額な店じゃなくても女の子は特別に扱ってもらってる感を感じてくれます。

そして食事デートがいいのは、必ずといっていいほどお酒が入ることです。

アルコールが入ることで女性の理性が緩みます。
いつもと違う店、いつもと違う相手と食事をしている特別感とアルコールの抑制解放が組み合わさって。どんな女性でも口説きやすくなります。
男慣れしてない女性はお酒で気が緩んでエッチに流れやすくなりますし、遊び慣れている女性はほろ酔い加減になることでより積極的になってくれます。

当然の流れと言えば当然なんですけど、夕方〜夜に待ち合わせて、食事+お酒で気を緩んだところをホテルに誘うってのは、まあ鉄板中の鉄板ですよね。外しようがない。

お気に入りの店をいくつか持っておくべし

とまあ、真剣交際でも遊びでも鉄板のお食事デート。
相手が店選びに積極的なら意見を聞くのもいいですが、そうでない場合のために、日頃から自分の行動範囲をリサーチして、いい感じの「使える店」を決めておくといいですよ。

そしてもし可能ならですが、お店の店長さんとかバーのマスターみたいな人と少し親しくなっておくと、意外と便利なこともありますね。

僕も最初はかなりドキドキしてしまったんですが、たまに使う個室のある居酒屋の店長に話しかけて仲良くなったところ、予約を融通してくれたり、毎回違う女の子を連れていっても変な顔しないでくれたりと、ものすごいメリットかと言われるとそうでもないですが、いいことありますね。

そして1番のメリットは、女の子を連れていい感じの店に

「店長どうも!」

とか言いながら入って行くと、女の子の反応がいいですw
なんとなく「通っぽい」と思ってくれるようですね〜!

仲良くなるとは言っても向こうは店員でこっちはお客さんです。コミュ障の僕でも勇気出せばできるレベルのコミュニケーションですので、試してみるといいと思いますよ。

勝負デートには繁華街がオススメ

そうそう、店選びでもうひとつ重要なことがあります。
これはエッチ目的のデートの時はもちろん、真面目な関係の時でも「今日は勝負デートだ」(=エッチするかも)って時は気にしたいことです。

何かと言うと、お店からラブホまでの距離
もちろんラブホじゃないホテルでも同じで、エッチする場所までってことですね。

食事が終わってお酒も入っていい感じの雰囲気になったら、滞りない流れでホテルに連れ込んでしまいたいものです。
が、いくら雰囲気がよく美味しい店でも、住宅街の真ん中にあってそこからホテル街に移動するまでに何キロも歩くとかだと少し気分が冷めてしまいますし、それに加えて途中で駅前を通ることになると最悪ですね。迷ってる女の子に

「まだ電車あるし……」

と逃げられてしまう可能性が生まれます。まあ、相手の意思を尊重するつもりなら逃してしまっても全然OKなんですけど、たとえ真剣交際でも思い切って関係を進めてしまうと一気に心の距離も縮まる、ということも往々にしてありますから、多少強引に行くのが悪いことだとは一概には言えません。

というわけで、相手の「帰路」から外れていて、のんびり歩いて少なくとも15分くらいで「ホテルで休もう」と言える場所がベストですね。
繁華街と書いたのはそういうことです。

でも、じゃあホテル街に近ければいいかというとそれは違います。
あまりに近いと女の子側も

「あ、これ食事した後ホテルに誘われるんだろうな〜」

と考えて気にしてしまいますし、それ以上に、ホテル街の周辺ってガラが悪いんですよ。
風俗店やそれ関連の看板・広告も多かったりして、女性からすると居心地が良くなかったりします。その辺も加味して、ホテル街から適度に遠く、歩いてちょっとで着けるくらいの場所の、いい感じの店を探しておければ、最高ですね。

ちなみに、これは地方でも考え方は同じで、車デートでラブホに寄ろうと思ってるのにそのルート上に相手が車から降りたいポイントがあると、なんとなく無理やり連れていく感が出てしまいますので注意が必要ですね。ま、もしお互いその気だったら別に気にすることではないんですけどね。

この記事のまとめ

ここまでだらだらと書いてしまいましたが、再度まとめておくとこういうことです。

真面目な交際の場合におすすめデートの行き先は、

  • 食事
  • 動物園や水族館
  • 映画館
  • 趣味の買い物

で「経験の共有」を!

エッチ目的でも

  • 食事

は鉄板ですので、「特別感」を演出できて「お酒が飲める」店をいくつか見繕っておこう!
その場合も目的地であるホテルからの距離はほどほどになるよう気を使っておこう!

こんなところでしょうか。
あまり目新しい情報がなくてがっかりしましたか?
でも、デートで行ける場所なんて限られてるわけですからこんなものです!

正直なところ、「どこに行くか」よりも「行った先でどう振る舞うか」が重要だと思います。僕がいつもこのブログで言ってることですが、そこで失敗しないためには数をこなすことですね。
場数を踏むことで相手の気持ちを推しはかりやすくなっていきます。そうすると相手の満足するデートにすることができ、結果的には自分の望む結果を得られるようになって行くという流れですね。

もし、恋愛に奥手でなかなかモテない、デートしても続かないという方がいたらそれこそ僕は出会い系サイトを勧めますね。本当に単なる練習のつもりで、ぜひたくさんの女の子と触れ合ってみてほしいですね。不純異性交遊に抵抗があるなら、別に会って話すだけでも、メールやラインでのやり取りでもいいでしょう。

その経験が積み重なって自信になって、あなたを魅力的な男性に見せてくれるはずです。経験は裏切らないので、どんなコミュ症でも経験値が溜まると出会い系でうまく出会えるようになっていきます。ぜひ一歩踏み出してみてください。

今回は、出会い系サイトユーザー以外の方にも重要な疑問であると思われる「デートはどこに行けばいいのか?」という点について書いてみました。
参考になれば幸いです。

それでは!